年子育児中のママを支える為にパパができる事(平日編)

当方は専業主婦、娘2人をもつサラリーマンです。
付き合った期間を合わせると嫁とは11年の付き合い
ですが、未だ夫婦仲は良いです。

本日は、

『育児中のママを支える為にパパができる事(平日編)』

についてです。

我が家の構成は専業主婦の嫁、長女(2歳6ヶ月)、次女(11ヶ月)

となっております。(2019年10月時点)

専業主婦なら家事も育児もママが担い

 パパは一生懸命働きお金を稼ぐものだ

と少しでも考えた方。そんな昭和の考えでは

いずれ夫婦仲は冷めきる可能性がありますよ!!

年子の子供を1人で面倒見て+家事もこなすのは相当な

体力を消費します。

週末に1人で上記を行った事がありましたが、めっちゃ

疲れました😅

正直、会社で働いている方が楽です・・・

本日は会社に行かなくてはならない平日でもできる事を

紹介し、ママが少しでも楽になれば幸いです。

以下の方々に参考になれば幸いです。

・ママの助けになりたいと考えているパパ
・平日でもできる事はあるのかと考えているパパ
・夫婦仲は良い方がいいと考えているパパ

🔷朝のゴミ捨て

朝起きて、ママが既に集めてくれたゴミを出勤途中で

捨てる。

子供2人をゴミを捨てに行く一時的でも家にいさせる

のは何が起こるか分からないのでママは不安に思います。

なのでパパが仕事に行く途中で捨てるのがベストです。

ポイント

前日にゴミが集まって無ければ、パパ自身がゴミ袋を持って自身でゴミを集め、捨てましょう。

オムツや生ゴミは臭いですが、一瞬なので、我慢し、率先して

行ないましょう。

それだけでもママの負担は軽減されるはずです。

 

🔷前日の食器片付け

→前日にママが洗ってくれた食器などが食器乾燥機にある時は

それを食器棚に直してあげましょう。

ママが朝食、昼食時に使った食器を洗おうとする際、

食器乾燥機が空の状態だとママは非常に助かります。

食器洗いも手間ですが、食器をしまうのも手間なので、

手間が一つでも減っていれば、ママは助かるはずです。

 

🔷お風呂の受け取り

業務の忙しさ、子供の入浴時間にもよりますが、

業務を定時に終わらせ、早く家に帰る事を心掛けましょう。

年子の子供をママ1人でお風呂に入れるのは非常に大変です。

特にお風呂から出る際、子供を湯冷めさせないよう、

時間との闘いとなります。

ママは自分の体をふき、服を着るのが最後となります😅

そこで活躍するのがパパです。

お風呂から上がるタイミングに帰宅できれば、

ママから救世主の様に感謝されると思います笑

子供たちを湯冷めさせる事なく、またママも気持ちのゆとりを

もって、服を着たり、髪を乾かしたりすることができ、

助かるはずです。

 

🔷夜の食器洗い

ママが子供を寝かしつけている最中に帰宅することが

あると思います。

その際、台所に使用済みの食器等があれば、

疲れていてもパパが洗って、食器乾燥機にセットする

まで行なってあげましょう。

子供の昼寝の有無にもよりますが、なかなか直ぐには

子供は寝てくれません😅

やっと寝てくれ、リビングに戻るのが9時をまわる

事も多々あります。

日中子供の面倒と家事で疲弊しているところに

まだ更にやる事がある状態だとママも参ってしまいます。

その際、パパが食器を洗い終えていれば、

ママはようやく一息つく事ができ、感謝されるでしょう。

 

🔷おもちゃの片付け

→夜の食器洗いとかぶりますが、おもちゃや絵本で部屋が

散らかっていれば、率先してパパが片付けてあげましょう。

ママが子供の寝かしつけから戻った際、

部屋が片付いているのとそうで無いのとでは、

ママが感じるストレスも大きく変わります。

 

🔷まとめ

→如何でしたでしょうか。少しの心遣いで

ママの負担が大きく変わります。

まとめると

  • 朝は前日の食器整理とゴミ出し
  • 夜は間に合えばお風呂の受け取り
  • 夜は食器洗いと部屋の整頓

なります。

パパも仕事で疲れて帰って来られるかと思いますが、

ママも育児と家事で疲れ切っています。

帰宅後にもう一踏ん張りすれば、ママも助かり、

夫婦の仲も円満になりますので、できることから

始めてみましょう😃

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です