年子育児中のママを支える為にパパができる事(休日編)

当方は専業主婦、娘2人をもつサラリーマンです。
付き合った期間を合わせると嫁とは11年の付き合い
ですが、未だ夫婦仲は良いです。

本日は

『年子育児中のママを支える為にパパができる事(休日編)』

についてです。

平日にパパがママにできる事はこちらで紹介しておりますので

合わせてご参考頂けますと幸いです。

休日はママを休ませてあげれるチャンスです。

ポイントはママの1人時間を如何に作り出すかです。

そういった観点でパパができる事を纏めました。

以下の方々の参考になれば幸いです。

・ママの助けになりたいと考えているパパ
・休日にママのためにできる事を知りたいパパ
・夫婦仲は良い方がいいと考えているパパ

🔷とにかく子供と遊ぶ

平日、子供達と遊べない分、思いっきり遊んであげましょう。

その際、スマホは遠ざけ、子供と向き合う事を意識しましょう

子供が行う事に目を向けていると、ちゃんと見てくれているという

安心感を子供達は感じてくれます。

その際、ママにはソファでスマホを確認するや

テレビを見るなど、好きな事をさせてあげましょう。

子供がママを求めた際にはヘルプに入ってもらう程度にし、

基本はパパが子供の遊び相手になりましょう!

 

🔷子供を公園や近くのショッピングモールに連れ出す

家の中でずっと遊ぶのも限度があり、時間が経つにつれて

やる事が無くなってきます。

その際、天気が良ければ公園に行きましょう。

その際、月齢にもよりますが、極力、ママには家にいてもらい、

パパが子供をみんな連れて行きましょう😃

1時間くらいはママに家で自由にできる時間を持ってもらう

事ができるはずです

とは言ってもご飯の準備や部屋の掃除などの家事を

行なってくれている場合もありますが😳

天気が悪ければ、近くのショッピングモールや

室内で遊べるプレイランドに連れって行ってあげましょう。

2歳くらいの月齢であれば、そんなに大きな子がいない

ポーネルンドが個人的にはオススメです。

保護者もお金を取られるので、少し経済的では無いですが笑

車で移動の場合、帰りに子供達が寝てくれる場合もあります。

そうなればパパ自身も休めるチャンスが到来します😃

しかし、夜なかなか寝つかないといった諸刃の剣で

ある事を予めお伝えしておきます笑

 

🔷朝、昼で出た食器の洗い

朝食後、昼食後に出た食器は積極的にパパが洗い、

片付けましょう。

食器が少ないうちに取りかかれば、時間はあまりかからず、

またママにも感謝されるでしょう。

夜に纏めて洗う家庭もあると思いますが、食器の山を

見るとやる気が削がれてしまう可能性があるので、

こまめに行う事をオススメします👌

🔷普段、ママの手の届かない箇所の掃除

平日、子供を見ながら家事(掃除)をこなすのは非常に困難です。

子供が常に目の届く所にしかいれず、また子供がかまってと

要望してくる可能性があるからです。

休日、パパも疲れていると思いますが、ママが普段、

掃除が行きつかない場所の掃除をこころみましょう。

(その間は子供はママに見てもらいましょう)

我が家の場合はトイレと浴室を私が徹底的に綺麗にします。

汚れが落ちると、ストレス解消にもなるので、綺麗になるのが

目に見てわかる箇所の掃除をオススメします😃

 

🔷子供をお風呂に入れる

→平日、子供を入浴させるママに一人でゆっくり入浴して

もらえるよう、土日はパパが子供達を入浴させてあげましょう。

一人で子供の体の水気を拭き取るのは難しいので、

それはママに頼りましょう。

子供の頭を洗う際にギャン泣きされたり、子供が眠たい時の

入浴は言うことをきいてくれない時などがあると思いますが、

心を無にしてスピード重視でこなしましょう。

泣き止ますのは無理です

早く終わらせるのを意識しましょう😃

 

🔷まとめ

→如何でしたしょうか。平日、子供とずっと一緒にいるママは

一人になる時間がもてません。

唯一のチャンスがパパが休みの日となります。

極力、子供の相手をしたり、一人で外に連れ出すことで

ママに一人でいる時間を持たせてあげましょう。

ママもリフレッシュができ、平日の5日間をまた

頑張れる活力となるでしょう😃

平日編、休日編を読まれたパパの中には

パパはいつ休めるの?

と思われた方もいると思います。

パパは一人でいれる時間は通勤などであると思いますし、

昼食もゆっくり食べれると思います。

しかし、ママにはそういった時間は平日はありません😭

またパパが休日に協力的でないと、ママは1週間ずっと

休む時間、一人になれる時間を持つ事ができません。

子供が小さい時は、お互い休む間も無く頑張っているんだと

心に思い、疲れていても頑張りましょう!

子供が大きくなれば、休日は友達と

どっかに出かけたりするでしょう。それまでの辛抱です笑

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です