【キャリアアップ】中途採用面接時に良く聞かれる質問集

会社に依存しない生き方の実現を目指すサラリーマンです。
キャリアアップを目的に社会人10年目にして
転職活動を始めました

本日は

『中途採用面接時に良く聞かれる質問集』

についてシェアさせて頂きます。

 

私は10/25〜転職活動をはじめ、これまでで

計5回の面接を経験して参りました。業界は

・繊維商社 1社

・メーカー兼商社 2社

・人材系会社 1社

となります。

面接を重なる毎に必ず聞かれる事の兆候が見えてきたので

その辺りの内容をシェアさせて頂きます。

以下の方々の参考になれば幸いです。

・同じく転職しようか考えている方
・面接対策を行いたい方
・どんな質問がされるのか気なる方


🔷30代の中途採用面接時に必ず質問される鉄板質問

中途採用面接時に必ずと言っていいほど聞かれる質問を

まずは紹介致します。

 

自己紹介をして下さい。

面接冒頭時に聞かれる質問です。

私は

「名前+本日はお時間をいただきありがとうございます」

「大学卒業後〜現在に至るまでの経歴」

「現職を通して得た強み」

の順に説明していきます。

企業に呼ばれたから来たのではなく、

自分を売り込むチャンスをもらったと意識し、冒頭に

必ず時間をとってくれたことについてお礼を述べましょう💡

質問をもらった際、あらかじめ時間を設定する面接官に応じて

経歴を入れたり、外したりしています。

時間を設定されない場合は

どの程度お時間を頂けますか?

と聞くようにし、話すエピソードを選択しています。

 

転職活動に至った理由を教えて下さい。

自己紹介の次に高確率に聞かれる質問です💡

会社に対する愚痴のようなネガティブな内容は避け

「ポジティブな内容(成長したい等)」

「それが現職で達成できない理由説明」

「結論」

の流れで説明しています。

 

・弊社への志望理由を教えて下さい。

志望理由を聞かない面接官はいません💡

転職理由と絡めながら

「貴社を志望した理由」

「自分の経験が貴社でも活かせそうな内容説明」

で挑んでいます。

貴社でも活かせそうな内容については、求人票にある

求める人物の必須能力に合わせたエピソードを作成し、

接点がある事を面接官に意識させることが重要です。

たとえば海外経験3年以上と指定されている場合、

「持ち前の語学力を活かせると考えました」と説明することです。

 

・あなたの強み、弱みを教えて下さい。

これも結構聞かれる質問です💡

強みと弱みは相反する内容で作成するのがオススメです。

私の場合は

強みを「責任感」、弱みを「抱え込みやすい」としています。

ネットで検索すると企業は“主体性”がある人物を求めています。

自発的に問題解決や成長を期待しての理由かと考えますが、

“主体性”を裏付けるエピソードがあるなら、

それを強みとし裏付けるエピソードを用意した方が良いと

考えます😃

・入社できる時期、引き継ぎにかかる時間を教えて下さい。

現職がありながら転職活動をしているとよく聞かれます。

大体退職申し入れから1ヶ月ですと答えておくのが無難です。

またこちらか逆に「貴社はいつの入社を希望ですか?」と

聞いてみるのもいいと思います💡

 

・最後に何か弊社に質問はありますか?

面談の最後に必ず聞かれる質問です。

絶対に「特にありません」とは回答しないようにして下さい。

この求職者は弊社に興味無いんだと思われてしまいます。

その企業の業界研究をし、2〜3個質問を用意してみてください💡

研究したけど、特に質問が思いつかないという方は

  • 配属予定部署の中途と新卒の割合を教えてください
  • 中期経営計画はありますか?どのような展望を抱いていますか
  • どこの企業とバッティングすることがありますか

といった質問をすることをおすすめします。

中途でも馴染みやすい環境かは確認しておいて

無駄になることは無いと考えます

 


🔷30代の中途採用面接時に聞かれる頻度の高い質問

上記で紹介した内容と比べると頻度は落ちますが、

聞かれる可能性のある質問について紹介いたします。

・現職で一番苦労した事、成功した事を教えて下さい。

現職で一番の成果、苦労したことを

聞いてくる面接官は多いです💡

私は

「最初に結論・成果の説明」

「それを達成するために工夫した事、大事にした事の説明」

「また結論」

の構成で説明しています。

工業製品で顧客の需要次第で功績も変わるのですが、

私はいいエピソードがあったので

それを多用させてもらっています😃

・現職を選んだ軸を教えて下さい。

今更当時の就職活動のことを思い出せるかと

ツッコミたくなりますが、面接官はよく質問してきます。

面談当日に聞かれ、うろたえないよう事前に回答は

準備していきましょう。

私の場合、就活時の軸と転職の軸は内容が違うのですが、

それについては面接官から理由を問われた事はありません😃

 

・将来どのようなキャリアを積みたいと考えていますか。

私の場合、ビジネスマンとして成長したいと転職理由で

伝えているので良く聞かれます💦

転職活動を通して30代で部下のマネジメント経験がないのが

響いているので、いつかはマネジメント経験を積み、

40代・50代に向かいとしています。

(実際、現職では管理職になる気はありませんでしたが、

市場価値を上げるには必須だと転職活動を通して学びました💡)

・年収はどの程度をお考えですか。

1次面接から聞かれることがあります。

高すぎても低すぎても有利・不利に働く可能性がありますが、

ご自身の家庭環境に基づいて希望額を伝えるのが良いと

考えます。

受かりたいがために低めで設定していまうと、

後から引き上げるのができなくなるためです💦


🔷返答に窮した質問

・あなたが現職を通して得た強みを弊社で活かせそうなものを3点教えて下さい。

ベンチャーの人材派遣会社で聞かれた質問です。

とっさに答えましたが、企業が求める内容では無かったようで、

そこは一次選考で不合格となりました💦

求人票に載っている求める人物像、

キャリアアドバイザーからのアドバイスを参考に

求めているであろう能力を予測しエピソードを作っておくと

いいと考えます。

 

・あなたが当社で働く上で不安に思う弱みを2点教えて下さい。

これもベンチャーの人材派遣会社で聞かれた質問です。

私は正直に対面営業じゃないスタイルが不安だと

ネガティブな発言をし不合格となりましたので、

あまりネガティブになりすぎないことが大事と考えます💡


🔷まとめ

如何でしたでしょうか。定番の質問から答えくにい質問まで

中途採用面接では面接官から質問が予想されます💦

事前に答えを用意していなかったとしても、重要なのは

面接官の質問の意図を汲み取り、簡潔に回答する

と考えます。

内容が乏しかったとしても、相手が意図した簡潔な回答であれば、

コミニケーションの高い人だと

捉えてもらえる可能性が高いです😃

逆に長々と話してしまう方が悪手となります。

これからも中途採用面接が続くので、

上記以外の質問が出たら、またシェアさせて頂きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です