株式投資(優待投資)の始め方

株式投資

会社に依存しない生き方を実現するため、
優待投資を始めた某メーカーの営業をやっている者です。

 

本日は

「株式投資(優待投資)の始め方」

についてシェアさせて頂きます。

 

難しそうとか面倒そうと考えられている方は多いと思いますが、

始めるにあたっては

証券会社に口座を開く

入金する

どの株を買うか決める

注文を出す

注文成立

のたった5つのステップを踏むだけで、あなたも

桐谷さんの様な優待生活を送れるかもしれません😊

難しい&面倒なやり取りは実は無いのです。

本日は「①証券会社に口座を開く」の注意点や

お得な申し込み方について紹介致します。

以下の方々の参考になれば幸いです。

  • 株式投資始めたいけど何からすればいいのか分からない方
  • どこで口座解説を行えば良いのか悩まれている方
  • ネット証券と証券会社の違いは何か知りたい人

 

 

証券会社の選ぶポイント

私は「ダイヤモンドZAiが作った株入門」という本を参考に

しながら証券会社選びを行ないました。

そこで紹介された選ぶポイントとしては

  1. 手数料
  2. 情報の充実度
  3. 取り扱い商品
  4. 経営の安定性

の4点でした。このポイントを重視すると自然と

野村証券・大和証券などの店舗を構えるような大手証券会社は

まず候補から外れます。

野村証券は20万円までの売買手数料で2,860円、

一方、ネットの証券会社のSBIだと高くて115円と

ネット証券での売買の方が圧倒的にお得です!

こんなに手数料違うのに野村証券などの大手証券会社を

選ぶ人もいるんですかね?

会社の持株会で強制的に野村証券じゃないと売買できない

との事で開設した経緯がありますが、現在は利用していません笑

「2.情報の充実度」はネット証券でもダウの動向だったり、

海外のニュースを確認できるので困った点はありません。

「3.取り扱い商品」について並行して外国株も始めたいと

考えられている方はSBI証券or楽天証券orマネックス証券での

開設をおすすめします。

「4.経営の安全性」について有名所なネット証券会社は

100万件以上の口座が開設されているので、みんな安心して

使用していると考える事ができます。

ポイント

  • 大手証券会社は手数料高い。選択はおすすめしない
  • ネット証券会社は手数料低い。
  • 自分で探しにいく必要はあるが情報もネット証券は豊富
  • ネット証券で口座開設しましょう

ネット証券比較

→主要なネット証券5社の都度プランの手数料比較を

下記表に纏めましたのでご参考願います。

※手数料は税込金額で、2019年10月1日時点

証券会社名 口座数(万) 〜5万円 〜10万円 〜20万円 〜30万円 〜40万円
SBI証券 約463 55円 99円 115円 275円 275円
楽天証券 約320 55円 99円 115円 275円 275円
マネックス証券 約181 110円 110円 198円 275円 385円
GMOクリック証券 約38 96円 96円 107円 265円 265円
岡三オンライン証券 約21 108円 108円 220円 385円 385円

 

手数料が低く、口座数の多い

SBI証券、楽天証券が良さそうですね

私が使用しているネット証券の紹介

前置きが長く失礼しましたが、

「ダイヤモンドZAiが作った株入門」やその他情報誌を参考に

した結果、SBI証券で口座開設をし、メインの株式投資は

そこを使用しています。

理由は以下の通りです

  • 口座数の多さ→多くの人から支持されている
  • 取り扱い製品の多さ→海外株式の売買も対応可
  • どの雑誌、情報サイトでも上位でおすすめされている

約6から7ヶ月ほど、SBI証券で取引していますが、

不便に感じた事は今の所ありません。

 

ネット証券での口座開設時におすすめしたい事

→ここで言いたい事は

ダイレクトにネット証券のHPから申し込むのではなく、

ポイントサイト、アフリエイトのセルフバック経由で申し込む

です。

SBI証券の場合

ハピタス経由→口座開設+50,000円以上入金で4000pt

A8.netのセルフバック経由→WEB申し込み後、口座開設申し込み日の翌月最終営業日15:00までに証券総合口座に口座開設完了で2,000円(現在(2019/10/17時点)キャンペーン中で8,000円に増額中)

と結構高額なポイントやキャッシュバックを得る事ができます。

人を集めたい証券会社ほど、

高額な内容で設定されている印象です。

ちょっと一手間を加える事でお小遣いもGETできるので

口座開設の際は是非上記方法を試してみて下さい。

私は当時、情報がなかったので普通に証券会社のHPから

開設してしまいました。😭

特定口座の選択肢

開設の際、「特定口座にしますか?一般口座にしますか?」の

選択が求められます。

違いは税金の納め方です。

一般口座;税金の計算、確定申告、納税まですべて自分自身で行う必要があります。

 

特定口座は2種類の選択肢があります。

特定口座(源泉徴収あり);投資家本人はする事無し。証券会社が代わって税金まで納めてくれる。=確定申告が不要

 

特定口座(源泉徴収なし);証券会社が作成した年間取引報告書を使って投資家自らが税金を納める=確定申告が必要

 

「面倒な作業はしたくない」という人は

特定口座の源泉徴収ありを選ぶのが良いでしょう。

私は「特定口座の源泉徴収なし」で開設しましたが、

確定申告が面倒だなと思い、「特定口座の源泉徴収あり」

に途中で変更しました。

 

まとめ

→如何でしたでしょうか。まとめると

  • 手数料の安いネット証券で口座開設しましょう
  • 口座開設の際、キャッシュバックのあるサイト経由で申し込みましょう
  • 口座の選択はご自身のスタイルに合わせて選択しましょう

となります。

 

口座開設は必要情報を入力し、本人確認書類を提出orアップロード

するくらいなので簡単にできます。

ポイントサイト経由で申し込みお小遣いGETを目的に

まずは口座開設だけでも進めてみるもアリだと思います。

 

株式投資を始めてみたい方にとって、少しでも始める

ハードルが下がったり、参考になれば幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です