Insta360 GO 2を1ヶ月程使って感じた悪い点紹介

子供の成長記録用、
流行りのvlogを始めたく
DIME等のガジェット系紹介雑誌で
紹介されている
Insta360 GO 2が気になる。
実際に使用している人が感じる
悪い点も参考にしたいな
子供の成長記録用に
購入した小生が
1ヶ月程使用して悪いと感じた点、
改善して欲しい点などを
紹介します。
当記事を読む事によるメリット

①Insta 360 GO2はどんなカメラなのか知れる

②Insta 360 GO2の悪い点を知れる

 最近、DIMEやSPA!などの雑誌で
Insta360 GO 2の紹介記事を目にし、
子供の成長記録に使えそう”、
これがあればvlogに挑戦できそう
等と思い、
詳細を調べた事あるのではないでしょうか。

 

しかし有名なインフルエンサー、
雑誌記者によるレビューしかなく、
リアルな使い勝手・感想に辿り着けず
困っている人もいると考えます💡

子供の成長記録用に購入し、

あまりガジェットに詳しくない小生が
実際に使用して感じた悪い点、
改善して欲しい点等を紹介します。

本内容・記事はこんな人にオススメ

・Insta360 GO 2の購入を考えている人
・Insta360 GO 2を購入して使用している人の
 感想を知りたい方

・子供の成長記録用のビデオ・アクションカムを
 探している方

なおInsta360 GO 2を購入・使用して
感じた良かった点は
以下記事で紹介していますので、
ご購入の際、合わせてご参考願います。

Insta360 GO 2を1ヶ月程使って感じた良い点紹介

 

🔷結論
   〜Insta360go2を使って感じた悪い点〜

 

 Insta360 GO 2を購入・使用し、
悪いと感じた点、
改善して欲しい点は以下となります。

①プロ動画撮影・タイムラプス使用時の
 カメラ発熱

②外付けメモリを使用できない

③購入金額が少し高い

④高画質の動画、長時間撮影には向いていない

⑤カメラ本体だけだと
 撮りたい画が撮れているか
 瞬時に確認できない

詳しくは以下で解説致します。


🔷Insta360 GO 2とは

 Insta360 GO 2は“2”とあるように
2019年9月に発売された初代“Insta360 GO”の
後継機種です。

親指に隠れるサイズの大きさと
27gという軽量ながら、
手ブレ補正、防水対応、タイムプラス、
スローモーションなど様々な機能に対応した
アクションカメラです。

価格は36,300円です。

 

充電ケースとカメラ本体

ケースはスタンドとして使用も可能

 


🔷Insta360go2を使って感じた
 悪い点・改善して欲しい点 詳細解説

 上記で述べた
Insta360 GO 2を購入・使用し、悪いと感じた点、
改善して欲しい点の詳細を解説致します。

プロ動画撮影・タイムラプス使用時のカメラ発熱

 手ブレ補正をより効かせるには、
FlowState手ブレ補正モードがある
プロ動画”を使用することになりますが、
カメラの発熱がすごいです💦

 本体のみで
Flowstate手ブレ補正にして1440p30で撮影時、
カメラの発熱により10分もたたずに、
勝手に動画撮影が止まります。

 発熱がすごいので
リチウムイオン電池のサイクル劣化にも
影響ありそうです・・・

 1年、2年使用したらどのくらい電池容量が
減るのか、電池交換はスムーズにいくのか等
気になる所です😅

注意

プロ動画モードで、
長時間撮影を目的で購入すると
痛い目に合うのでご注意を

 他の人のレビュー等で
ファームウェアのアップデート改良して欲しい
のコメントを見るのですが、
ソフトの改良であの発熱が低減できると
思えないので、
あまり期待しない方がいいと考えます・・・

外付けメモリを使用できない

 内蔵メモリが
32GB(使用可能領域:28GB)なので、
プロ動画モードで撮影しているとすぐに
容量が一杯になります💦

 SDカードなどの外付けメモリは
使用できないので、こまめにスマホへ動画転送し、
内蔵メモリ内の動画を消さないと
いけませんが、結果、
スマホの内蔵メモリ不足に陥る可能性があります😅

 Insta360 GO 2を使用し始めてから
私のiPhone11の256GBストレージが
かなり圧迫されてきました💦

 スマホのストレージ次第では
そのケアも必要になるケースに陥ります・・・

 

注意

Insta360 GO 2を購入前に
自身のスマホストレージに余裕があるか、
ストレージが多いスマホか確認した方が良い

次のiPhoneは一番ストレージが大きい
512GBのモデルを購入すると思います😅
(iPhone 13から1TBも出ました)

なお、カメラ→スマホへのデータ転送は
wifi無し”、
スマホのモバイルデータ通信OFF
にした状態でも転送できました💡

 仕組みはよくわかりませんが、
データ転送においては
通信環境は気にしなくても良さそうです。

 

購入金額が少し高い

楽天市場で“36,300円”で販売されています。
vlog撮影用のためだけに使用するなら

DJI Pocket2  :49,500円
GoPro Hero8: 35,800円

を購入した方が

画面を確認しながら撮影できる
発熱気にしなくて良い
SDカード使用できる
のメリットがあるので、
そちらを選んだ方がコスパ良いかもしれません😏

注意

Insta360 GO 2は
動画撮影に人目が気になる
ハンズフリーで子供の動画を撮りたい
ちょっと変わった動画を撮りたい
という要望にを持った人には良いカメラです。

 人目が気にならず動画を取れるなら、
Insta360 GO 2より他のアクションカメラを
選んだ方がいいかもしれません💡

 

高画質の動画、長時間撮影には
 向いていない

上述した通り、
プロ動画では発熱により10分たたず、
撮影がストップし、
また4K動画は撮影できません(3Kまで可能)

Insta360 GO 2のスペック、
どういった場面に使用するかを
考えて購入した方が良いです💡

■カメラ本体だけだと、撮りたい画が
 撮れているか瞬時に確認できない


 Vlogの撮影、
磁器ストラップを使って子供を撮影後に
動画を見返すと
“顔が映っていない💦”
“狙ったものが撮れていない💦”
みたいな事がありました。

 スマホと連携させないと
撮影している様子や、画角は大丈夫か等を
確認できないのが意外に不便だと
最近感じるようになりました・・・

 


🔷まとめ


 如何でしたでしょうか。
Insta360 GO 2を購入・使用し、
悪いと感じた点、改めて以下となります。

①プロ動画撮影・タイムラプス使用時の
 カメラ発熱

②外付けメモリを使用できない

③購入金額が少し高い

④高画質の動画、長時間撮影には向いていない

⑤カメラ本体だけだと
 撮りたい画が撮れているか
 瞬時に確認できない

 一番改善してほしいのは
①の撮影時の発熱です💦

 カメラの撮影時のライト点滅をOFFにしても
発熱は変わらないです。

 ファームウェアアップデートで改善する
高音サイクル特性のよい電池が使われている
ことをメーカーに期待したいです😏

ご購入前に参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です