コーヒー初心者にもオススメ。Cafflano Klassic オールインワンコーヒーメーカーの紹介

コロナでステイホームが増え、自宅でも美味しいコーヒーが飲みたいけど、ミル・ドリッパー・ポットなど買い揃えるのは大変そう💦
最初から最後まで“これ一つで完結できますよ”という
オールインワンコーヒーメーカーがあるので、紹介致します💡

1日に3〜4杯くらい飲むと心臓病・脳卒中などによる

死亡リスクを低下させる健康的な飲み物として紹介される

コーヒーですが、どうせ飲むならおいしいコーヒーを

飲みたくないですか?

手軽にコーヒー豆から挽いて楽しめるギアがあるので、

紹介致します。

本記事の内容/記事はこんな人にオススメ

 ・あまりをお金をかけたくないが、美味しいコーヒーを飲みたい方

・自分で豆を挽いてコーヒーを飲む事に挑戦したい方

🔷Cafflano Klassic オールインワンコーヒーメーカー

結論からいうと、手軽にコーヒー豆から挽いて楽しめるギアとは

Cafflano Klassic オールインワンコーヒーメーカー”です💡

価格はサイトによって異なりますが、

7800円〜8600円程度で購入できます!

 

 

🔷Cafflano Klassicの使い方

使い方は非常に簡単で、初心者でも挽きたてコーヒーを

このコーヒーメーカーで楽しめます👍

  1. 蓋を外す
  2. グラインダーに10〜20gほどのコーヒー豆を入れ、ハンドルを回し、すべての豆を挽く
  3. グラインダーを取り外し、ドリッパーに入っているコーヒーの粉の上に30秒ほどかけてお湯を注ぐ
  4. そのあと、残ったお湯を注ぐ
  5. ドリッパーを外して、コーヒーを楽しむ

人気 Youtuberのカズさんも取り上げられていたので、

詳しい使い方は動画も参考になると考えます。

コーヒー粉を平坦化したり、お湯は3回にわけて注ぐなど、

美味しいコーヒーを入れるためのポイントは多々ありますが、

それはまた別の機会で紹介致します💡

 


🔷良い点

■初期費用を抑えた形でコーヒー豆を挽く、ドリップ、飲むが完結

 

写真の通り、このコーヒーメーカーで

細口ノズルのポットorケトル

ミル

ドリッパー

抽出したコーヒーをうけるポット

を担います✨

値段としては7800円〜8600円程度で、全て揃えるよりは

コストを抑えられます👍

(細口ノズルのポットでも3000〜4000円かかります💦)

よりコーヒーを美味しく楽しむための器具は

自分自身でコーヒー豆を挽いて飲むのが楽しい

と思えてからでいいと考えます。

■手入れ簡単、コーヒー豆の挽き具合調整も簡単

 

 

 

 

 

 

赤いカ所の調整ナットを回すとコーヒー豆の粗さを簡単に

調整可能です。

ただ、浅煎り豆✖️細挽きはハンドルが硬く、

コーヒー豆を挽くのが相当苦労するので、時間のない朝は

避けましょう💡

 

■キャンプでも活躍が期待できる

コンパクトなので荷物が多いキャンプに持っていても

邪魔になりません😃

電気・電池を使用しないのでお湯とコーヒー豆さえあれば、

いつでもどこでも本格コーヒーを楽しむ事ができます👍

■スペース取らない

細口ノズルのポットorケトル、ミル

ドリッパー、抽出したコーヒーをうけるポット

がそれぞれ独立してあると置き場に困りますが、

本製品は使い終わった後は一まとめにできるので、

家族・嫁さんから苦情がくる事は少ないと思います😅

 


🔷悪い点

■コーヒー豆が飛び散る事がある

ミル部に蓋はないので、コーヒー豆を挽いてるとき

にたまに豆が飛び散っていきます💦

量が少なく、深煎りの豆を挽いてるときは

あまり起きないのですが、

特に豆量が多く浅〜中煎りの硬い豆を挽くとき

飛び散る事が多いので、飛び散ったらしっかり掃除しましょう💡

■細挽きではコーヒー抽出に時間を要する

ドリッパーの形状上、細挽き状態でコーヒーの抽出には

3分以上の時間を要するので注意が必要です💡

3投目のお湯が全て抽出されるのに5〜6分くらいかかります。

それで抽出されたコーヒーは濃く苦めの味わいを楽しむ事が

できますが、時間のない朝には不向きなので注意しましょう。

■メタルフィルタにつくコーヒーかすの処理が少し面倒い

コーヒー抽出後のコーヒーかすを捨てようとしても、

全ては捨てきれず、メタルフィルタに

コーヒーかすが微かに残ります💦

水でさっと流し落とす一手間が生じます・・・

それが嫌な人にオススメなのが

カリタのWAVE FILTER 155を使う”です💡

メタルフィルタにフィットするので、

コーヒー豆を挽くときからセットしておけば、メタルフィルタに

コーヒー豆を落とす事なく、全て終える事ができます。

後処理を楽にしたい人は上記したペーパーフィルターを

使いましょう😃


🔷実際に使ってみての感想

■毎日コーヒーを気軽に楽しめる

Cafflano Klassic オールインワンコーヒーメーカー”で

コーヒー豆を自身で挽いて楽しむについて、

始めて1ヶ月でコーヒー豆を400g消費するくらい

楽しめています✨

■一人分のドリップには最適だが、2人分はちょっと厳しい

10g程度のコーヒー豆を挽き、

コーヒー一杯分作るのにはいいのですが、

二人分となるとコーヒー豆が飛び散るのと、

抽出に時間がかかる不便さを感じました💦

二人分入れるときはせめてドリっバーは2〜4人用のものを

使うなどした方が良いです💡

■浅煎りコーヒー豆を細引きに挽くのは根気が必要

浅煎りのコーヒー豆は固く、また細引きにするとなると

かなりの労力が必要です💦

またミル部に蓋がないので、挽く体制・向きを変えれないので

力がかけにくい難点があります。

深煎りのコーヒー豆✖️細引きについてはそこまで労力を

かけずに挽くことができたので、深煎り好きの方については

上記は気にならないと考えます😃

■タンブラー、ドリッパー、ハンドミルがセットでないとコーヒー豆が挽けないのがちょっと不便

例えば、朝 コーヒーを飲み、

昼くらいにまた飲みたいなと思った際、

タンブラー、ドリッパーが洗い待ちだとコーヒー豆が挽けない

のが少し不便に感じました💦

洗えよという話ですが笑


🔷まとめ

如何でしたでしょうか。

使用した所感としては

初心者でもCafflano Klassic オールインワンコーヒーメーカーを使えば本格コーヒーが場所を選ばす楽しめる

です。

自分でコーヒー豆を挽いて飲んでみたいけど、

あまり費用はかけたくないという方には最適なギアなので

当記事が参考になれば幸いです😃

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です