はじめての鼻から胃カメラ体験談

35歳になると胃の検査が必要・・・
バリウムによる検査とするか、オプション代払って
胃カメラ検査にするか悩むな
35歳になる2021年、
初めて経鼻内視鏡による胃カメラ検査を
受けましたので、その感想をシェア致します。

毎年6月ごろになると健康診断の案内が

会社からあるでしょう。

胃の検査については

バリウム検査にするか、胃カメラ検査にするか

悩む人は一定数いると考えます。

今年から胃の検査も対象となり、

バリウムによる検査ではなく、

いきなり経鼻内視鏡による胃カメラ検査を

選択した小生が

一般人目線のリアルな感想

なぜバリウムによる検査をしなかった等

を紹介いたします。

本内容・記事はこんな人にオススメ

・もうすぐ35歳以上になり、胃の検査対象の方
・バリウム検査ではなく、胃カメラ検査を考えている方
・胃カメラ検査でも経鼻内視鏡による検査を考えている方

🔷結論〜経鼻内視鏡による胃カメラ検査の感想〜

初めての胃の検査で経鼻内視鏡による胃カメラ検査を

受けた際の感想をシェア致します💡

■麻酔のおかげで痛いという感覚はない

鼻からカメラを入れる時に

痛みなどあると思っていましたが、

痛いという感覚はありませんでした✨

しかし、鼻からのどにかけて

カメラが通過する時は嘔吐反射を感じます💦

看護師の方が背中をさすってくれたので、

軽減されますが、我慢するのが大変でした。

■施術中のゲップ・おならを我慢するのが大変

胃に到達すると

胃の状態を確認しやすいよう

空気や水?を入れられます。

そうすると体内からガスをだそうと

ゲップ、オナラがでそうになるのですが、

我慢する必要があり辛かったです💦

注意

検査後はしばらくオナラが止まりません。

人のいない所に駆け込みましょう😅

■鼻に入れる麻酔が気持ち悪い

両鼻に麻酔ジェルを注入するのですが、

のどに到達すると、

ヒリヒリして気持ち悪かったです💦

その感覚は約1時間ほどで治まります。

 


🔷何故バリウム検査を選択しなかったか

 

初めての胃検査で皆さんが実施している

バリウム検査を選択しなかった理由は2点です。

■2度も苦しい目にあいたくなかった

→バリウム検査で異常が見受けられた場合、

次は胃カメラによる検査が待ち受けています💦

であれば胃の中を直接ビデオ画像で観察する方を

選んでおけば、

2度も苦しい目に合わなくてよい

一回の検査で悪い症状を見逃さない

方がよいと考えました💡

 

■海外ではバリウム検査を控えている病院がほとんど

某雑誌の特集で

米国をはじめ海外ではバリウムの

使用を控えている病院がほとんど

と紹介されていました。

バリウム検査は以下健康被害に遭うリスクが

高いようです。

・バリウムは体内で固まりやすく、

消化器官の機能が弱っている人はしっかり排泄されず、

腸閉塞になるリスクがある。

 

・検査でたくさん放射線を浴びる分、被ばくもする

健康診断前に上記した情報を知り

バリウムはナシやな

と思った次第です😅

健康を確認するために行う事が

逆に体を傷つけるなら、それは避けるでしょう💡


🔷経鼻内視鏡による胃カメラ検査の流れ

先日検査を受けた際の

経鼻内視鏡による胃カメラ検査の流れについて

紹介致します。

STEP.1
胃内の泡をとる薬を飲む

小さい紙コップ一杯分飲みます。

味は塩水みたいな感じで苦痛ではなかったです。

STEP.2
鼻の通りを良くする薬を両鼻にいれる

注射器みたいな器具で入れられます。

喉まで到達したら、飲み込みます

STEP.3
両鼻に麻酔ジェルを注入する

自分で鼻から吸い込む必要があり、

鼻の通りが悪いと吸い込むのに苦労します💦

喉に到達するとヒリヒリして気持ち悪いです。

STEP.4
喉の麻酔をした後、検査開始

通りのよい鼻からカメラを入れられます。

鼻から喉にかけてカメラが通過するときは看護師さんが

背中をさすってくれます。

施術中、よだれは飲み込むではなく、

吐き出す必要があります。

STEP.5
検査終了

15〜20分くらいで終了します。

検査担当者がカメラで確認した内容(異常有無)

を教えてくれます。

後日、他の先生も確認した上で最終結果が送付されます。


🔷胃カメラ検査含む人間ドックの費用は?

社外の医療機関で受診したのですが、

会社費用負担から飛び出た費用としては

約17,000円でした💡

私が選んだコースは提携レストランでの昼食付きで

昼食はちらし寿司を頂きました😃

 


🔷まとめ

→如何でしたでしょうか

まとめると以下となります。

①痛みはないが、嘔吐反射を我慢するのが少し大変

 

②施術中・施術後のゲップ、オナラ我慢するのが大変

 

③バリウム検査は海外ではほとんど実施されていない

健康被害の可能性もある

私は今後、

会社でのバリウム含む健康診断ではなく、

外部医療機関で胃カメラ検査含む健康診断を

受けると思います。

バリウム出すための下剤を飲んだ後に

仕事に戻るよりも、

有休をとって、1発で確実に異常有無がわかる

検査の方が効率的と考えるからです💡

人生100年時代。

体に良い選択をしていきましょう👍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です