30代での転職〜未経験職種・業界への挑戦について〜

会社に依存しない生き方の実現を目指すサラリーマンです。
キャリアアップを目的に30代(33歳)にして
初めて転職活動を行いました。

本日は、

『30代での転職〜未経験職種・業界への挑戦〜』

についてシェア致します。

33歳にして初めて転職活動を行った中で、

伸びている業界にピボットしようと、IT業界や無形商材の営業等、

未経験職種・業界への転職を試みた事があります。

30代で未経験職種・業界への転職を試みた中で感じた

所感・結果などを下記致します。

以下の方々の参考になれば幸いです。

・30代前半でこれから転職活動を始める方
・未経験職種・業界への転職を検討されている方

 


🔷30代の転職事情

結論として30代の転職者には、

20代の転職者とは異なる人材像が求められます。

”30代の転職者は即戦力を求められる

”30代後半になるほど管理職としての能力が問われる

それゆえに未経験職種・業界への挑戦は条件面の妥協が伴い、

また転職活動期間の長期化する可能性があります。

転職の目的に応じて、業界・職種を変えるべきなのか

どうかは慎重に判断しましょう。💡

🔷私のスペック

年齢:33歳

職歴:1社のみで10年勤続

経験職種:管理系の仕事2年、法人営業8年

資格:英語(TOEIC795点)、日商簿記検定試験2級

スキル:ビジネス英語中級、需要変動の激しい顧客との折衝

弱点:特定大手個社をずっと担当しており、開拓経験が無い。

また相手の業界が特殊で需要がない。

後輩がずっとおらず、指導経験が無い。

 

🔷挑戦した未経験職種・業界

・調達職

現職が法人営業なので相手にするのは調達の方がメインで、

モノを買う側の立場はどうなのかと興味が湧き挑戦しました。

・IT業界、IT営業

北野唯我さん著書の「転職の思考法」

転職先の条件として

“テクノロジーを用いた課題解決をしようとしているか?”

“多くのベンチャーが参入して各社とも伸びているサービスに注目する”

が記載されています。

その条件に該当するようなIT・ベンチャー企業も候補に

しました💡

尚、IT系企業の求人を探すなら、“ワークポート”が

オススメです😃



・無形商材(人材)の営業

この条件も北野唯我さん著書の「転職の思考法」にあった

“今後は無形商材の営業スキルの方が重宝される”

という内容から無形商材の営業職種にも挑戦しました。

有形商材より無形商材の方が売るのが難しく、

そのスキルを伸ばす事はキャリアップにつながると考えました💡

🔷挑戦した結果・結果の要因分析

・結果

結果として

書類選考がそもそも通過しない

面接選考に進んでも現職の年収から大幅減(約250万円)を

示唆される

ITの知識が全く無いのは厳しいと言われ、面接選考不通過となる

であり、途中で挫折する事になりました😭

・結果の要因分析

未経験職種・業界への挑戦で書類選考が全然合格しなかった事に

ついてキャリアアドバイザーに相談した事があります。

キャリアアドバイザー言われたのは下記でした。

同じ経験をしてきて、これまでの成果も同じくらい良い

候補者の場合、最終的には年齢で判断される事がある。

20代後半の方がポテンシャルが高いと企業は思う事がある

これを言われた時、自分の年齢や転職を踏み出すのが

遅かった事を恨みました笑

年収の大幅減については、現職の年収が良かったという

こともありますが、企業としても経験の無い人材に対する

コストは抑える方向にあると考えます。

転職者への給与支払い、教育などの投資もさる事ながら、

エージェント経由で採用する場合、年収の1/3をエージェントに

支払う必要があります

その為、極力、年収を抑えようと未経験のことを逆手にとり、

低い年収を提示してきます💦

 

🔷30代の求職者に対するイメージ

一般的に年齢が増すごとに新しいことを

吸収する能力は衰えてくると言われておりますが、

この点は30代以上の求職者を採用する上で人事の方が

懸念する点になります。

社内の業務内容にちゃんとついていけるのだろうか

人事の方だけでなく、

転職後の転職者にとっても切実な問題です💦

新卒の社員や20代後半の社員と比べても

新しい知識を吸収する力だけでなく体力的にも劣るので、

それを補うために無理をすることも難しくなってくるでしょう。

特に未経験職種・業界への転職は、一般の転職と比べて

新しく吸収しなければならない内容が多くなるため、

より一層、転職後の負担が大きくなります。

 


🔷まとめ

如何でしたでしょうか。

33歳での転職活動で”未経験職種・業界“に挑戦した

小生の所感のまとめは以下となります。

  • 色んな挑戦をされたい方20代での転職活動を推奨
  • 30代は”未経験の業種でも職種の変更がない“方が採用されやすい
  • 30代に必要なマネジメント経験・スキルがあればもっと変わった結果だったかもしれない。

私が今回の転職活動で挑戦した

未経験の調達職“IT営業職無形営業職

年収が大幅減になったり、書類選考・面接選考で

良い結果を得ることはできませんでした😭

結果として同じ工業製品の法人営業で他業種に

シフトする形となりました。

設立して間もない会社はマネジメント層を募集している

ケースが多かったので、マネジメント経験・スキルがあれば、

未経験職種・業界への転職もうまくいく可能性があると

考えます。

私と同じく30代で未経験職種・業界への挑戦を行う場合、

スキル、現職での実績・経験次第では転職活動の長期化が

予想されますので、覚悟をもって挑みましょう😃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です