30代での転職について

会社に依存しない生き方の実現を目指すサラリーマンです。
キャリアアップを目的に30代(33歳)にして
初めて転職活動を行いました。

30代で10年ほどのキャリアを過ごすと

自分のキャリア・社会人人生はこのままで良いのかと

悩む人も少なくないと思います💦

特に以下の環境に陥っている方は悩みを抱くのではないかと

考えます。

  • ずっと同じ仕事に従事しており、成長実感が持ちにくい
  • 会社の業績が右肩下がり下がりで将来性を感じない
  • 現在の仕事が希望していたものと異なる

じゃあ、転職して新しい環境に挑もうと思っても、

中々最初の一歩を踏み出しにくいですよね😭

本記事では33歳で初めて転職活動を行った小生の

転職の動機→背中を押された経験→30代の転職活動のポイント

→内定入手・退職交渉について解説致します。

以下の方々の参考になれば幸いです。

・20代後半〜30代前半で自分のキャリに悩まれている方
・20代後半〜30代前半で初めて転職活動を考えている方
・20代後半〜30代前半で転職活動中の方

🔷転職活動の結果報告

まず初めに33歳の私が初めて転職活動を行った際の

“これまでの経歴とスキル”

“転職活動の結果”

について共有させて頂きます。

先ずはどういう人物かを改めて知ってもらい、

その後、本記事を読み進めてもらえますと幸いです😃

■経歴とスキル

経歴;電子部品メーカーに約10年勤める。

業務の大半は法人営業。車業界、インフラ業界等の

需要があるような業界相手ではなく、凄くニッチな

業界に属する顧客を担当しており、あまり需要がない。

新規開拓営業の経験は無く、既存顧客の深耕メイン。

スキル;BtoBの法人営業

英語TOEIC700点代。ビジネスでの英語利用経験あり

特に突筆すべきものはなく、営業として必要な

開拓経験がない、需要のある業界の知見が無いなど、

武器になる要素がない中での転職活動となりました💦

■転職活動の結果

活動期間;10月末〜12月末の約2ヶ月

内定数 ;5社(商社1社、メーカー4社)

結果としてこれまで培った工業製品の営業経験を

活かせる会社からの内定を多く頂く事ができました😃

エージェント経由での企業からのフィードバックは

“1社に長く勤めた事”、

“面接時での受け答えの良さ、頭の切り替えが早そう”

“海外志望”

等を評価頂いたとの事でした。

皆さまに伝えたい事は

突筆したキャリア・スキルが無くても、

上手くエージェントを活用した上での職務経歴書作成、

面接対策すれば満足いく結果を得る可能性は誰にもでもある”

という事です💡

🔷なぜ30代に差し掛かると転職を考えるのか

一つの会社で同じ仕事を続けていると以下のような

疑問が湧き上がる方が多いと考えます。

  • 今の自分の市場価値はどの程度なのだろうか
  • 会社の自分に対する評価は正当なのだろうか
  • 一生食っていくためのスキルが身についているのだろうか

終身雇用が崩壊しつつある中で、一つの会社で働き続ける方が

リスクになりつつあります。

とはいっても海外ではスキルアップ、キャリアアップの転職が

当たり前ですが、日本では未だにマイノリティです💦

転職すべきか悩まれたら、

北野唯我さん書の“転職の思考法”を読まれる事をおすすめします💡

 

私は“転職の思考法”を読んで転職活動を行う事を

決心しました。“転職の思考法”では

  • 初めての転職になぜ踏み出せないのか
  • 自分の市場価値の測り方
  • 上司をみての仕事→市場をみての仕事の必要性
  • 転職すべき業界・職種について

が解説されています。

文系”、“メーカーの法人営業”、“自分には何にもスキルがない”と

思われている方は主人公も同じ境遇なので

感情移入して読み進められると思います😃

なぜ初めての転職に踏み出せないのか、

書籍から学んだ内容などを以下の記事にまとめているので

ご参考ください。

初めての転職に踏み出せない理由

🔷30代で転職する前に認識してほしい事

私は3月から新しい職場で働いていますが、

10年近く働いた職場を離れ、新しい職場で一から

仕事を覚える”、“人間関係を構築する”はかなり苦労します💦

環境を変えたいと一心に転職活動を進め、

内定を入手→現職との退職交渉→退職にこぎつける等、

勢いで押し進めましたが、

新しい環境であっても今の環境と同じくらい苦労する

という事は念頭において、本当に今の職場を去るべきかを

考えた方が良いと考えます。

ただし、悪い事ばかりでもありません。

🔷30代での転職 メリット・デメリット

ここから30代で転職する事のメリット・デメリットについて

解説致します。

■30代での転職 メリット

①これまで培ってきたキャリアをもとに即戦力として採用される

20代の転職はポテンシャルで採用されるケースが多いのに対し、

30代の転職は上記の通り、これまでの職務で培った経験・スキルを

評価されます。企業の採用ニーズと合致し、高く評価されれば、

その経験・スキルを生かせるポジションが用意され、

転職後はさらにキャリアアップを図れる可能性があります💡

②現在の職場、会社を客観視できる

→30代に限った話ではありませんが、転職活動を通して

自社の良い点、悪い点を他の企業の募集要項を見ることで

良し悪しを知る事ができると考えます💡

小生も前職は年間休日の多さや給与もそれなりにもらっている

という事がわかりました笑

転職活動は自分の置かれている環境がどうなのかを

知る良い機会になると考えます

■30代での転職 デメリット

①未経験分野への転職ハードルが高い

→30代は即戦力として考えられるので、“育成として採用”という

方針の企業はそうありません💦

私も未経験職種・業界への転職をチャレンジしましたが、

書類選考で大体落ちました😭

受かりそうな所があっても、年収の大幅減額が提示されました。

今の仕事から全く新しい事にチャレンジしたいと思ったら、

早めに転職活動を行う事を推奨します。

30代が未経験職種・業界への転職が何故難しいかは

下記記事で解説してますのでご参考ください。

30代での転職〜未経験職種・業界への挑戦について〜

 

②転職後に年収やポジションが下がる可能性あり

→今の年収やポジションがあるのは、

長い間その会社で積み上げた評価・実績によるものです。

会社が変われば前職での評価・実績はリセットされ、

転職先では前職より低い年収やポジションからスタートするのが

一般的です。

私は経験職種・未経験業種への転職であった為、

年収は約100万円ほど下がりました💦

③自分より年齢の低い先輩ができる

→②とも被りますが30代で転職した先で入社3〜5年目程度の

20代の社員が自分より上の立場となり、教えを乞う必要が

出てきます。

私は今まで一番下っ端で後輩ができた事がなかったので

年齢の低い先輩に対して違和感はありませんでしたが、

前職で上の立場に居た人間は戸惑い、プライドを気にし、

上手く馴染めない可能性があります。

それが嫌な場合は面接選考で所属予定チームの年齢構成を

確認しておくのがいいと考えます💡

🔷30代での転職で準備すべき事

転職活動する決意し準備すべきことを3点紹介致します。

転職活動に息詰まった時の助けになるので活動前に

必ず行いましょう💡

①何故、転職したいのかを整理する

→まず初めに“何故、転職したいのか?”の軸を

はっきりさせましょう❗️

転職活動に息詰まると当初の転職目的・軸を見失い、

それに沿わない企業を受験したり、転職後のミスマッチを

誘導しかねません💦

キャリアアップなのか、年収UPなのか、職務環境改善なのか

を整理し、転職活動軸を定めましょう。

②これまでのキャリア、スキルの棚卸し

→自分は大学卒業して何をしてきたか、

経験を活かして転職後に何ができるか整理しましょう。

ポテンシャル採用ではない30代での中途採用面接では

それが焦点となり質問されます。

現職であげた成果、成果をあげるのに苦労した点、

現職を通して得たスキル、弱みと思える点などを

整理しておきましょう💡

上記は職務経歴書を作るのに役立ちますが、

苦労するようであれば、キャリアアドバイザーとの面談を

活用しましょう。

面談を通してこれまでのキャリアの棚卸しや、スキル、強みの

言語化に役立ちます😃

🔷30代での転職で資格は必要?

結論から言うと資格はあれば転職活動に有利に働く

考えます。(特に書類選考で)

同じ経歴、同じ年齢の候補者がいた場合、

最後にみられるのは資格の有無で判断される可能性があります。

私自身、TOEICの点数が700点以上あったので

“英語ができる”、“海外志向があるのでは”と思われ、

海外営業職の書類選考は比較的に受かりました💡

今だとPCやIT系の資格があれば有利に働くのでは

ないかと考えます。

若い内から資格も意識した働き方を推奨致します。

資格についた記事もありますのでご参考下さい。

30代での転職〜武器になる資格〜

🔷30代の転職はエージェントを使用すべきか否か

結論から言うと、現職を抱えながらの転職活動の場合、

積極的に利用すべきと考えます。

理由は以下です。

  • 自分がこれまでやってきた事を整理できる
  • 職務経歴書、自己分析を相談しながら作成できる
  • 自分の転職軸に合う求人を紹介してくれる。
  • 企業にキャリアアドバイザーと相談した時の印象も説明してくれる

良い面もあれば、以下のような悪い面もあります。

  • エージェント会社の収入は求職者が紹介した企業に入社して初めて売上があがります。ノルマ達成を急ぐあまり、転職軸に沿わない企業を紹介してくる可能性があります。
  • 面接選考の都度、多数の質問に応える事を求められる可能性がある
  • 複数のエージェントを利用すると、求人が重複して紹介される場合がある。

名の知れた転職エージェントであれば、変な事は起きないと

思いますが、転職軸がしっかり定まっていれば、

エージェントを良い風に利用できると考えます。

私が実際に利用して良かった・悪かったと思えた点を

リクルートエージェント、ワークポートとで記事に

まとめておりますのでご参考下さい。

【キャリアアップ】リクルートキャリアの良い点・悪い点

【キャリアアップ】ワークポートを利用して良かった点・悪かった点

 

🔷30代の面接採用選考で聞かれる質問

転職活動を通して多くの面接を経験しました。

(記憶が曖昧ですが12〜15回程)

よく聞かれたのが以下5つの質問でした。

  1. 簡単に自己紹介と経歴を教えて下さい
  2. 志望動機
  3. 転職活動にいたった動機は何ですか
  4. 現職を通して一番の成功体験と苦労した経験は何ですか
  5. あなたの強みと弱みは何ですか

就職活動で実施していた自己分析現職でのキャリアの棚卸し

が必要となります。

聞かれる事はある程度決まっているので、しっかり回答を

準備して面接に挑みましょう。

しっかり準備できていれば、自信につながり、

緊張も和らぐと考えます😃

中途採用面接時に聞かれた質問を別記事にまとめていますので

ご参考下さい。

【キャリアアップ】中途採用面接時に良く聞かれる質問集

 

🔷退職交渉の流れ・コツ

内定を勝ち取った後に直面するのが現職の上司への

退職申し入れ・交渉となります。

私もいざ上司に退職の申し入れを行うとした際、

下記のような不安・葛藤を頂きました💦

  • どのような順番で退職申し入れしたら良いのか
  • 退職願、退職届は必要なのか
  • 退職が受け入れられなかった場合の対応

円満に退職交渉を進めるコツは

退職の意志が固い事をしっかり示す

退職理由は不満ではなくポジティブな理由を述べる”です💡

待遇に対する不満を理由にすると、今より良い条件を提示され

退職交渉を長引かす事になります💦

その為、上司に付け入る隙を与えぬよう、

キャリアアップ等の前向きな理由をもって

退職しますとハッキリ述べましょう😃

私が実際に経験した退職交渉と退職届の書き方、用意すべきものを

記事にしていますのでご参考下さい。

30代での転職〜退職交渉時の注意点〜

 

🔷退職挨拶時のお菓子必要有無について

後輩への業務引き継ぎを進めていくにつれ、

現職を去る日が近づいてきます。

近づいてくるにつれ、

誰に挨拶したら良いのか

挨拶の際、お菓子はあったほうが良いのか

お菓子の予算、どういうお菓子が良いのか

といった疑問が生じてきます。

実体験でいうとお菓子は

現在所属する部署+お世話になった他部署の方に用意し、

また直属の上司には個別でお酒も用意する等し

合計15,000円ほど使いました💦

用意したお菓子がフックになる事で話題が広がり、

忙しいそうな人にも軽く挨拶するのにも役立ちます。

立つ鳥跡を濁さず“は退職の鉄則でありますので

お菓子は日持ちして食べやすい物を用意し、

お世話になった方々にしっかり感謝の意を述べましょう😃

私が実際に用意したお菓子は下記記事にまとめていますので

ご参考下さい。

クッキーで可愛いキャラクターが

“お世話になりました”、“ありがとうございました”と言う

絵・メッセージが書かれており、感謝の気持ちを現したものです。

実際、同僚との話題のネタにもなり、また味も良かったと

言ってもらえたのでオススメです😃

30代での転職〜退職挨拶時のお菓子〜

 

🔷まとめ

如何でしたでしょうか。

転職活動を行う前は

私のこれまでのキャリア・経験に需要はあるのか💦”

良い会社に転職できるのか💦”

現職をこなしながら転職活動を行えるのか💦”

といった疑問を抱いておりました。

しかしいざ覚悟を決め、エージェントを活用する事で

上記したような結果を得る事ができました😃

しかし、内定を得て、そこに入社する事だけが

GOALではありません。

現職で働き続けても叶わない事を叶えて、

初めて今回の転職活動が成功だったと言えると考えます💡

扱う製品の違い、業界の違い、社内・社外との人脈構築に

苦労していますが、

“あの時、転職を決意して良かった”

と胸張って言えるよう、新天地で頑張りたいと思います✨

30代のサラリーマンで同じくキャリア、転職すべきか否かで

悩まれている方の参考になれば幸いです😃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です