転職して後悔・・・。30代での転職で直面する問題5選

困ったさん①
困ったさん①
転職してみたいけど、
転職した後に後悔ってするのかな・・・
34歳になる年に
初めて転職をした小生が、
後悔した事をシェア致します。
サイト主
サイト主
当記事を読む事によるメリット

①30代で転職すると直面する問題を知れる

②30代で転職する事で後悔するものなのか
 知れる

 

 30代で10年ほどのキャリアを過ごすと
自分のキャリア・社会人人生はこのままで良いのかと
悩む人も少なくないと思います💦

 特に以下の環境に陥っている方は
悩みを抱くのではないかと
考えます。

①ずっと同じ仕事に従事しており、
 成長実感が持ちにくい

②会社の業績が右肩下がりで
 将来性を感じない

③現在の仕事が希望していたものと異なる

 私も上記境遇に合い、
34歳になる年に
意を決して初めて
転職致しました💡

33〜34歳での転職でしたが、
転職して後悔したと感じた点”、
直面した
問題
が何点かあり、
それらは
皆様も同様に直面する
可能性があるかと思い、
当記事で共有致します。

転職に後悔しないためにも、
以下の方々の参考になれば幸いです。

本内容・記事はこんな人にオススメ

・20代後半〜30代前半で
 自分のキャリに悩まれている方

・20代後半〜30代前半で
 初めて転職活動を考えている方

・20代後半〜30代前半で転職活動中の方

ちなみに転職活動のまとめは
以下からご確認願います。

転職したいと思ったら
何をすべきなのか
内定取るまでに行う事
現職を円満に退職する方法などを
まとめています。

30代での転職について

 

🔷結論
   〜30代での転職で直面する問題 5選〜

33〜34歳で初めて転職して
後悔・直面した問題は以下となります。

①自分より年下の同僚との接し方に困る

②待遇に対する不満

③未経験職種・業界だと全く役に立たないが、
 転職組ということですぐに結果を求められる

④転職組という事で社内ルール、
 庶務的な説明がない

⑤社内関係者との人脈構築が大変

 

 覚悟はしていましたが、
いざ転職すると収入減に困ったり、
放置プレイされたりと色んな問題に直面し
凹みます😭

 詳しくは以下で説明致しますので、
転職に悩まれている方はご参考頂き、
本当に転職すべきかの参考になれば幸いです💡


🔷詳細解説
 30代での転職で直面する問題 5選〜

 ここから、結論であげた問題5選について
詳しく解説致します。
またその問題に対する私が考える解決策、
避ける策も紹介致します😃

■ 自分より年下の同僚との接し方に困る

 相手が入社1〜3年目の若手であっても、
基本、私は敬語で話します。

それに対して抵抗は無いのですが、
相手は私に雑務を振りづらそうな雰囲気を
感じます💦

 私も逆の立場なら相手に頼らず、
自分でこなすと思います。
年上に雑務は頼みづらいですから。

なので、手持ち無沙汰な状況が予想されます。

対策

①面接時に所属予定のチームの
 年齢層を聞き、自分が入っていけそうか
 事前に確認しておく。

 

②どんな仕事でも快く引き受け、
 相手の期待以上の成果を示す

 特に対策②の内容が重要で、
相手が仕事を頼みやすい雰囲気を作り、
大した仕事でなくても
全力で行い、相手の信頼を得るように努めましょう。

 そうすればこちらから相手にも
依頼しやすくなると考えます💡

■待遇に対する不満

収入減は覚悟はしていたものの、
家族持ちには厳しく、折角貯めた貯金を
切り崩さないといけなくなる可能性があります😭

要因は

・入社日、締め日にもよるが初回給与は
 満額支給されない可能性がある

・初回のボーナスは寸志程度の支給となる

・6月に自動車税・固定資産税の
 支払いが発生

等が考えられます💦

 ボーナスについては70〜80万円の手取りが
30万円(▲50万円減)となり、
自動車ローンのボーナス支払い等で
直ぐに消えていきました😭

 現在の会社で収入面の待遇に不満がなく、
家族がいる人は
収入の下がる転職先に移るのは
慎重に考えた方がいいです。

対策

①半年分の生活に困らない程度の
 現金預金を確保する

 

②転職のタイミングで出費がかさむ
 イベント(車検、税金の支払い)を
 洗い出しておく

 

 それでも将来見据えて転職を考えている方は、
上記をご参考願います。

 半年分の生活費を賄える現金があれば、
転職先で収入が一時的に減っても、
生活に支障をきたすことは
無いと考えます💡

 ■未経験職種・業界だと全く
  役に立たないが
  転職組ということですぐに
  結果を求められる

 中途入社に求められるのは
即戦力としての活躍です。
また職場への新しい風を期待されます。

 面接時に未経験である事を伝えつつも、
必要最低限のことだけを教えられ、
後は“自分で頑張って業務を身につけて”と
早速現場に出る可能性もあります。

 私の転職先では一応、
1ヶ月くらいの座学研修があったので
良かったですが、
会社からは
重要顧客のサポート→重要顧客の主担当を
約半年くらいで担うことを期待されており、
十分な期間があって良かったです😅

対策

①無理に背伸びせず、分からない事、
 できない事は人に聞き、
 早く戦力になる事に先ずは集中する

 

②できる人の行動を真似る

 

③約束事の納期は必ず遵守する

いきなり、
このルールがおかしい”、
こう変えるべきだ“
と言える人はいいですが、
先ずは社内の人間からの信頼を
得る事に努めましょう💡

その第一歩は約束事の納期は
必ず守るです❗️

 ■転職組という事で社内ルール、
  庶務的な説明がない

 業務に関する事は教えてくれますが、
旅費精算やオフィスのハウスルーなどは
教えてもらえない事が多いです。

 なので、
プリンター、電話機も会社によって違うので
コピーすら取れない事に焦ります💦

 そういう境遇に陥る事も
念頭に置いておくと良いでしょう💡

対策

①共通フォルダにマニュアル等ないか
 探してみる

②聞くは一時の恥、
 聞かぬは一生の恥を意識し、
 分からない事は積極的に聞き、
 知らない事を一つずつ
 潰していきましょう

 

 ■社内関係者との人脈構築が大変

 ”〇〇の問題が起きたら、〇〇さんに確認する“
といった親切なマニュアルが存在すれば良いですが
大半の職場ではなく、OJTを通して
一つずつ覚えていくしかないです。

 窓口がわかった所で、相手からしたら
“誰やねんこいつ。後回しや”と
新人の対応は優先度低として扱われるケースがあり、
最初は回答を中々入手できずに悩みます💦

対策

①最初のうちは
 “メール+電話を入れる”
 セットでの対応を行い、
 相手に自分の存在を認知させましょう。

 

 相手もメールでポンと依頼されるより、
〇〇の件でメール入れておりますので、
お忙しい所恐縮ですがご確認、
ご回答をお願いします

と電話もあった方が、
やってやるかという思いになると考えます。

(↑歳いっている方はそういう傾向です)

メールでも回答がくる人、
メール+電話しないと動かない人
の見極めができてきたら、
その人にあった方法で問い合わせしましょう💡


🔷転職先で劣等感を感じるケース

 以下に当てはまる人は転職先で
上述したケースに直面し、
新しい職場で劣等感を抱いてしまい、
転職するんじゃなかった
と悩んでしまうかもしれません😅

①現職では後輩、部下を指導する
 立場であった

 

②新しい職場は自分より年下が多い

 

③年収が下がる転職

 

④全く経験の無い職種、業界への転職

上記に当てはまる場合、
今の職場に留まる選択肢もあり得ます。

私自身
留まっていたらボーナスもっと貰えていたな
自分より年下に教えを乞う必要もなかったな
新しい事を覚えるのは楽しいけど、
 戦力になれずにくやしい
とよく思う事があります😭


🔷まとめ

如何でしたでしょうか。

私が33〜34歳で初めて転職して
後悔・直面した問題は以下となります。

①自分より年下の同僚との接し方に困る

②待遇に対する不満

③未経験職種・業界だと全く役に立たないが、
 転職組ということですぐに結果を求められる

④転職組という事で社内ルール、
 庶務的な説明がない

⑤社内関係者との人脈構築が大変

 

年収<やりがいと思って、
いざ転職しましたが、
やはり収入が下がると家族持ちには
色々と支障がでます💦

30代では私と同じような境遇の方も
いると思われるので
本記事をご参考いただき、
後悔の無い選択に貢献できると
幸いです😃

なお、収入UPに悩んでいる方は
転職より副業に力を入れるというのも
選択肢になり得ます。

なおワードプレスでブログ副業を
始めてみたいと思ったら
まずはレンタルサバーについて調べてみましょう💡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です