【キャリアアップ】リクルートキャリアの良い点・悪い点

会社に依存しない生き方の実現を目指すサラリーマンです。
キャリアアップを目的に社会人10年目にして
転職活動を始めました

本日は

『リクルートキャリアの良い点・悪い点』

についてシェアさせて頂きます。

2019年10月25日から始めた転職活動ですが、ようやく

終わりが見えてきました。

主に使用したエージェントは“リクルートキャリア”でしたが、

良いなと思える点、不満に感じた点が

利用している間に思うところがありましたので

本記事にまとめます。

以下の方々の参考になれば幸いです。

 

・同じく転職しようか考えている方
・リクルートキャリアの使用を考えている方

🔷リクルートキャリアの良い点

まず、リクルートキャリアを使用して良かったと

思える点を3つに絞って紹介致します。

ワークポートと併用したおかげで見えてきた点です。

①求人が毎日アップされる。求人が豊富

10/25から転職活動を開始し、ほぼ毎日、

新着の求人・志望にあった求人の更新がありました。

吟味するだけで数時間費やすくらい豊富でした。

ちょうど10月〜12月が新年度に向けて

求人が増えやすい時期だったこともあるかもしれませんが、

ワークポートは毎日求人が増えることは無かったので、

リクルートキャリアの“求人が豊富”という

前評判は本当でした💡

 

②選考に対するフィードバックが都度頂ける

リクルートキャリアの場合、

書類選考が不通・合格

面接選考が不合格・合格

それぞれに対して理由を説明頂けます。

書類選考・面接選考が合格した際には、自身が評価された内容を

把握することができるので、自信に繋がります😃

また企業が懸念に抱いている点も説明してくれ、

面接対策を練るのに役立ちます💡

ワークポートでは理由なく、”不合格でした“と

アップロードされるだけでした💦

(数週間後にさらっと理由がアップされましたが、

直ぐにフィードバック欲しいものですね)

 

③無料で面接対策セミナーの受講が可能

企業との面接前に、中途採用面接の心得などを

レクチャーいただけるセミナーを無料で受講できます。

私が学んで実行したことは下記です。

  • 面接は呼ばれて“答える場”ではなく、お願いして“伝える場”
  • たとえ企業スカウトであっても「時間をください」と依頼したのは自分という意識をもつ
  • 面接では企業と自分の接点を伝える事を意識する

最初の2つを意識するかしないかで面接の結果に大きく

左右すると考えます😃

 

🔷リクルートキャリアの悪い点

やはり利用していく中で、不満に思う点もありましたので

3つに絞って紹介致します。

①選考の日程調整が下手、選考情報が正しく反映されない

求人企業との折衝業務はリクルーティングアドバイザー(RA)が

行いますが、RAによっては面接選考の日程調整に

時間を要したりするケースがあります。

私も選考前日まで日程をHOLDされ、結果、再調整になることが

数度あり苦労しました💦

また現職の都合上、日程がピンポイントでの連絡になった際、

4つほど候補日を挙げてもらわないと、企業と調整できない

というRAもおり、ストレスが溜まりました😅

書類選考がうまく何件も通過すると日程調整が難しくなるので、

優先度の高い企業を優先して調整するのがいいと考えます💡

 

②書類選考不通済みの企業を再度おすすめ求人として紹介してくる

2回ほどあったのですが、書類選考が不合格になっているのに、

再度、”おすすめ求人“として紹介してくることがありました。

機械的な仕事しているなと腹が立ち指摘しました。

返答としては

「既に応募したものと別の求人であれば同じ求人でも新規の

求人としてあがってしまう」とのことでしたが

明かに仕事内容・ポジションも同じでしたが🤨

まぁいいわと思い、それ以上は追求しませんでした。

所詮、キャリアアドバイザーにとって我々、求人者は

売り物の一つなので、信頼しすぎてもダメですし、

利用できるところは利用するというスタンスがいいと考えます。

 

③選考の都度、9個程度の質問に答える必要がある

面接選考の後、メールで9つの質問に対して回答を行う

必要があります。(ワークポートは電話で報告)

企業への志望度をアピールする目的でもあるようですが、

毎度面接後に連絡するのは疲れました💦

またアピールしても落ちる時は落ちます。

項目は下記です。

【1】ご面接を終えて、現段階での応募先企業へのご入社意欲をお聞かせください。

【2】応募先企業や求人(条件)について魅力を感じたことを教えてください。

【3】応募先企業や求人(条件)について不安に感じていることがあれば教えてください。

【4】ご入社されることを想定し、ご希望の条件を教えてください。

【5】最も早くご入社可能な日程をお聞かせください。

【6】現在の併願状況を教えてください。また、併願先企業がある場合は
今回の面接の企業は併願先と比較して志望優先度は何位かを教えてください。

【7】面接で十分に伝えられなかったことがあったら教えてください。

【8】面接を終えてご質問やご不明点がありましたら教えてください。

【9】現在ご就業中の方は、退職交渉に必要な期間を教えてください。

【10】上記の設問【1】~【9】へのご回答のうち、今回の応募先企業に伝えて良い項目を教えてください。

 

なお、【6】の質問は答えづらいですが、

キャリアアドバイザーには正直に伝えつつ、企業には

非開示でも特に問題は発生しませんでした😃

 

🔷まとめ

如何でしたでしょうか。

リクルートキャリアはなんといっても求人数が豊富で、

面接対策、レジュメの作成などのフォローも手厚いので

20代後半〜30代前半の転職活動には必須な

転職サービスかと考えます。

利用するか迷われている方も、面談は無料なので

一度試してみられることをオススメ致します😃

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です